福祉国家を目指す市民の会

弱者を支援する社会保障から弱者の尊厳を守る社会保障へ

野党は小選挙区制廃止でまとまれ(政権奪取のための処方箋 ファイナル)

正直言ってまともな方法では近い将来の政権奪取はほぼ無理だと思っている。
しかし、自民党を下野させる方法なら明確に存在している。
それは衆議院選挙制度小選挙区制中心の選挙制度から比例中心の選挙制度に変えることだ。
仮に衆院選挙制度が完全比例の場合、自民党過半数議席を維持できない。
全ての政党が単独では過半数を取れない状況(ハングパーラメント)になる。

あとは政党の組み合わせだ。

小選挙区制による得票と議席のかい離について左右や保革といった立場を超えて疑問に思う人々が数多く存在する。

強すぎる官邸や立法府の行政監視機能の低下、議員の劣化なども小選挙区制の弊害だ。
死票の多さは有権者に自分の一票が意味のないものと思わせ、無関心と低投票率を招いている。

二大政党制自体がもはや時代に合っていない。
日本が参考にしたイギリスは完全小選挙区制だが、もはや二大政党制と言えない状況になっている。

小選挙区制の廃止を中心にした衆議院選挙制度改革及び参議院の抜本改革を目的にした暫定的な選挙管理内閣を作る。

これで野党がまとまれば、少なくとも自民党を下野させることはできる。


「選挙管理内閣」案は場合によっては維新や公明を巻き込む可能性もある。
その場合は衆参の選挙制度改革のみやって参議院の任期に合わせて衆議院を解散する。
これで自民政権はジエンドだ。

野党のみで過半数取れた場合、選挙制度のほか、集団的自衛権閣議決定を葬り去ることや他の悪法を廃止もしくは修正することも選挙制度改革と参議院改革と同時に行いその後、解散。

結果として自公維の連立政権が出来上がる可能性もあるが、参院の抜本改革によって今よりもはるかに暴走は防げるだろう。

小選挙区廃止でまとまる上でのハードルは導入した張本人・小沢一郎の説得と「2009年の夢をもう一度」な旧民主の連中の説得になることが予想される。

以上は自分の考えであるが、どういう形であるにせよ野党をまとめる意思と能力のある政治家の出現が待たれる。