福祉国家を目指す市民の会

弱者を支援する社会保障から弱者の尊厳を守る社会保障へ

サイン盗みについて

diamond.jp

>強豪校の二塁走者は、捕手のサインを確認し、速球だと見るやスススッと素早い動きでリードを取る。変化球系の場合はのろのろとゆっくり動き始める。これらの動きは、どちらもありえるリードの方法だから、「違反!」と抗議のしようもない。だが、そうとわかれば、二塁走者が打者にサインを伝達しているのは明らかだ。

 

走者は走者で少しでも早くスタートを切るために配給を読み、守備位置を確認したりする。

そう言った走者としての工夫をサイン盗みと言ってしまったら、走者は塁上で棒立ちしてろと言う話になってしまうだろう。

今回の習志野星稜の一戦では星稜の監督曰く、サイン盗みをした習志野が勝利至上主義であるかのような言い方をしてるわけだが、

【センバツ】星稜・林監督、サイン盗み抗議を謝罪も習志野・小林監督の「星稜さんもやっている」発言に「謝罪求める」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

ここで星稜の監督は、

>私も選手と同じで1大会1試合にすべてをかけて、そこで結果が出なければ、いつでも責任をとる覚悟でいる。

と語っている。

自分に言わせればこの感覚こそが勝利至上主義につながる危険な考え方だと思う。

 

習志野監督の「星稜さんもやっている」との言葉をサイン盗みを認めたと解釈する人間もいるが(習志野監督はこの発言を否定している)習志野監督は相手のサイン盗みを感じながらも抗議をしなかったとも考えられる。

双方の監督がサイン盗みを認識しながらも目先の1勝への執着心がその後の行動を分けたと見れば、やはり星稜の監督の行動こそ「勝利至上主義」的であり、やはり問題視されるべきだろうと思う。

高校野球においてサイン盗みはルール違反ではあるが、自白以外で証明できないのもまた事実なのだから。