福祉国家を目指す市民の会

弱者を支援する社会保障から弱者の尊厳を守る社会保障へ

右か左かとか上か下かとかいう人たちは真ん中の人たちを忘れている。

宮本太郎の「生活保障 排除されない社会へ」を読んだ。 そこにはこう書いてある。 労働市場の構造と社会制度が生み出す断層が人々を隔て始めている。(中略)このような社会的断層が現れた以上、人々の間に利益対立が生じていることは否めない。問題なのはこ…

日韓関係

1.徴用工をめぐる韓国大法院判決は日韓基本条約、日韓請求権協定の解釈が異なるだけで国際法違反とは言えない。 個人の請求権が消滅してないというのは日韓両政府で同じ解釈だったはずだが、河野外務大臣の答弁では「消滅していないが救済はされない」とい…

包括政党に対抗するには

自民党は包括政党と言われている。今の自民党を包括政党と呼ぶことに異論はあるかもしれないが、野党の政策を横取りすることで、特定階層の代弁者でしかない野党各党に比べれば、はるかにウイングの広い政党になっている。 参院選でれいわがちょっとしたブー…

野党は小選挙区制廃止でまとまれ(政権奪取のための処方箋 ファイナル)

正直言ってまともな方法では近い将来の政権奪取はほぼ無理だと思っている。しかし、自民党を下野させる方法なら明確に存在している。それは衆議院の選挙制度を小選挙区制中心の選挙制度から比例中心の選挙制度に変えることだ。仮に衆院の選挙制度が完全比例…

参院選、野党の公約をチェックする

参院選は政権選択選挙じゃないし、個人的に参議院から党派性を無くしていくべきだと思っているので、政党が政策競うような形での参院選に多少の違和感を感じている今日この頃。 で、主に野党の公約を眺めて思う。 「これじゃあ勝てんわ」と。 「リベラルはな…

消費税廃止で風が吹かないこれだけの理由

組織で自公に圧倒的に劣る野党が選挙で勝つには無党派層を動かす「風」を起す必要がある。そのためには世間の議論を喚起するような大胆な政策が必要だ。れいわの「消費税廃止、財源はMMT」というのはまさにそういった大胆な政策と言える。しかし、現状そ…

貧乏人には消費税より保険料の方が負担が重い

自分は低収入による年金保険料の未納が長く続いている。 一時どういうわけか免除申請が通って免除されたが更新の申請が通らずただの未納状態である。 そんな自分に18日保険料納付を督促する郵便物が届いた。 未納になってる保険料を27日まで払えと。 出来な…

ターゲッティズムでは引きこもりを救えない

ターゲッティズムでは引きこもりを救えない 川崎20人殺傷事件について、引きこもりや「8050問題」が背景にあったことから、そうした境遇にあるような人々に適切な支援を呼びかける声が方々から聞かれた。 しかし、「支援」という言葉を使う時、そこには支援…

尊厳を守る福祉

今、自分はターゲッティズムによって個人の尊厳を傷つけられている最中である。 国破れて山河在り。夢破れて何も無し。 履歴書を書くのが苦痛で仕方がない。自分の過去には何も無い。その時々で自分なりに努力をした気でいたが、履歴書と言う社会へ出るため…

北欧並みの消費税で出来ること。

北欧並みの消費税率(25%)なら税収は約55兆円 1)高齢者限定のBI(ベーシックインカム) 2)生活保護改め求職準備基礎生活費の支給 1)高齢者基礎収入制度の創設全ての65歳以上の国民に月7万円を支給 2)生活保護を求職準備基礎生活費として月7…

アベノミクス=MMT=山本太郎

政策 | れいわ新選組 財源について少し検証してみる。 「消費税の廃止」 現在8%の消費税収は17.8兆円。 最低限、今の社会保障を維持するなら消費税廃止に必要なのは17.8兆円となる。 「デフレ脱却給付金」 月3万給付ということだが、18歳以上のすべての国民…

消費増税反対を訴えるよりも消費増税無しで社会保障がもっと充実することを訴えろ

www.jiji.com 2%の消費増税で増える税収のうち社会保障の充実に使われるのはたったの、たったの1.1兆円。 だいたい2%で5.6兆円ってのもかなり盛った数字で8%現在の消費税収はだいたい17.8兆円。1%で2.2兆円ですよ。20日に政府が発表した1~3月のGD…

野党は「将来不安ゼロ社会」をスローガンとして掲げろ

www.asahi.com >人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる「資産寿命」をどう延ばすか。この問題について、金融庁が22日、初の指針案をまとめた。働き盛りの現役期、定年退職前後、高齢期の三つの時期ごとに、資産寿命の延ばし方の心構え…

民主党政権が悪夢だったことを認めよう

名将・野村克也氏は著書「弱者が勝者になるために」の中でこう語っておられる。曰く「ずばり、ヤクルトは弱者だ。まずこれを認めようと私はキャンプで言った。(中略)弱さを自覚させるところから強くなりはじめるからである」と。 旧民主党の連中は、民主党…

個人消費を増やすには

1)所得を増やすこと お金が無いとモノ(サービス)は買えない。当たり前だが所得を増やさなければ消費も増えない。 2)将来不安を無くすこと いくら所得を増やしても将来が不安なままでは所得は消費に向かわず貯蓄に回るだろう。将来不安を無くすことを同…

サイン盗みについて

diamond.jp >強豪校の二塁走者は、捕手のサインを確認し、速球だと見るやスススッと素早い動きでリードを取る。変化球系の場合はのろのろとゆっくり動き始める。これらの動きは、どちらもありえるリードの方法だから、「違反!」と抗議のしようもない。だが…

日本維新の会=地域政党永田町支部

www.asahi.com >維新勢力は国政政党「日本維新の会」が全国的な選挙や国会活動を担い、大阪では地域政党「大阪維新の会」として活動している。 と、記事にはあるが、日本維新の会は国政政党と言うより、大阪に利益誘導するため自民党政権にゴマを擦るのが主…

立憲的改憲という言葉に違和感

立憲主義とは権力が憲法に立脚している状態を指す言葉だ。憲法の中身について言っている言葉ではない。例えば、憲法に集団的自衛権を行使できると書いてあれば国家権力は集団的自衛権を行使することができる。これも立派な立憲主義だ。 なので自分は「立憲的…

政権奪取のための処方箋 その4

「戦略的選挙協力のススメ」 今夏に行われる参院選について。 例えば、 大阪(改選4)と京都(改選2)には共産党の現職がいる。 一方、兵庫(改選3)は自公と維新が強く野党は単独では議席確保が困難である。 代表の地元・埼玉(改選4)は「代表の顔立て…

政権奪取のための処方箋 その3

「政権担当能力を示せ」 本格的な二大政党の幕開けかと思われた2009年の政権交代前夜。当時の野党第一党の民主党は政権交代をさせたくない勢力から「政権担当能力」について不安視されていた。 その中で民主党は政権担当能力を示そうと同じく二大政党が根付…

政権奪取のための処方箋 その2

「ウイングを広げる・多様性とは」 自民党は包括政党と言われている。包括政党に対抗するにはこちらも幅広い支持を獲得するために政策的に幅を広げていかなければならない。 例えば北欧の福祉国家では高い税率で社会保障を充実させセーフティネットを張り巡…

政権奪取のための処方箋 その1

「地方組織の充実」 「地方議員を増やして党の足腰を強める」これは橋下徹「政権奪取論」にも書いてあることで、これ自体は全く正しい。おそらく立憲の枝野はこれをやろうとしている。だから永田町の数合わせに背を向け、ひたすら草の根、ボトムアップなどと…

橋下徹「政権奪取論」を読んだ

橋下徹の書いた「政権奪取論」を読んだ。結論から言うと「ちょっとでも参考になるようなことが書いてるんじゃないか」と思った俺がバカだった。もしくは「アマゾンのレビューに騙された」といったところか。 とにかく(~すれば~するはずだ)的な根拠の無い…